ターミナルケアの仕事内容


今回は最期の時を迎える患者さんと向き合う、ターミナルケアについて考えてみます。

ターミナルケアが対象とする患者さんは?

「ターミナルケア」とは、前回の「緩和ケア」と非常に良く似ています。基本的には延命が難しい患者さんに対して、様々な意味での「苦痛」を緩和するのが緩和ケアですし、これを専門に行う施設を「ホスピス」と呼ぶこともあります。

「ホスピス」は、1967年に、ロンドン郊外に開設された聖クリストファー・ホスピスに始まるとされています。主にがんの末期患者の様々な苦痛を、専門家がチームを組んでケアしていこうとして始まりました。日本では1981年に浜松、1984年に大阪で開設されたのが始まりです。現在では全国に213施設・4,230床(2011年4月現在)あるそうです。

入院対象となる患者さんは、がんの末期や、後天性免疫不全症候群(AIDS)に罹患している患者さんになりますが、最近では「緩和ケア」のデイサービスなどもあるようです。

ターミナルケアはどんなお仕事?

基本的には「看取り」です。日本ではまだ数の少ないデイサービスなどの場合は必ずしもそうではありませんが、ホスピスなど終末期医療を提供する場での看護師の仕事は、緩和ケアに対する倫理的な問題も含めますし、様々な症状(疼痛・消化器症状・呼吸器症状・全身倦怠感など)へのケアもあります。

また、社会的なケア(社会資源の活用や、家族との関わり)や心理的なケア(死にゆく患者への心理的サポートや、心理的ストレスへの対応など)も重要です。さらにホスピスで重要とされるのは、最後の数日間のケアです。

人は死に直面した最後の数日間、どのような状態となるのか(呼吸障害・循環障害・意識障害・経口摂取障害など死の直前に起こる全身的な変化)をしっかり把握し、それぞれに対応したケアを提供しなければなりません。

患者さん本人だけではなく、ご家族まで含めた包括的なケアです。また一般病棟と比較すると件数も多いと思われる死後のケアも、看護師の重要な仕事になります。

ターミナルケアに向いている看護師

こちらも、緩和ケアと同様、死にゆく患者さんへの身体的ケアだけではなく、心理的・社会的ケアが重要となってきます。特に心理的なケアでは、死に直面した人は、自分の死を認めたくない、不安を軽減するために退行してしまう、受け入れられない思考や感情を自分の意識から締め出す・・・といった代表的な変化がみられるそうです。

もちろん初めてホスピスで働くことになればそれなりの研修などは受けると思いますが、「治療することで治る(症状が軽快する)」こと目的としてきた医療とは一線を画しており、ある意味カルチャーショックを受けるのではないでしょうか。しかしこれも、誰でも関わることができるものではなく、非常に専門性の高い医療なのです。

これからの日本ではますます高齢化が進む一方、自宅での看取りが難しいケースも増えてくるでしょう。緩和ケアとあわせて、ターミナルケアやホスピスは、これからさらに需要が高まる分野なのかもしれません。

そこで働く看護師も辛いことは沢山あると思います。でも、患者さんからの最期の「ありがとう」で救われる看護師も、確実に増えていると思いますよ。

いかがですか?今回はターミナルケアでの看護師の仕事を考えてみました。何となく想像できそうですか?


このページの先頭へ