神経内科の仕事内容


今回は脳内や神経などの疾患を抱える患者さんが来る、神経内科について考えてみます。

神経内科にはどんな患者さんが来るか?

神経内科は、実は結構誤解されやすい科ともいわれます。精神科・心療科・精神神経科・神経科などと名称が似ているからでしょうか。

神経内科の特徴としては、脳内や脳神経、末梢神経や筋肉などに障害が起こり、手足のしびれや不随意運動(思っていないように身体が動く)、思うように身体が動かせない、ろれつが回らない、モノが2重に見える、頭や身体のどこかが痛いなどの症状があります。

また記憶や思考を司るのも脳ですので、モノが覚えられない・考えられないといった疾患も対象となります。しかし精神科と違うのは、脳に何らかの異常があるという点です。

患者さんの病態としては、パーキンソン病やいわゆる難病指定の疾患もありますし、最近患者数が増加の一途をたどる認知症もあります。場合によっては、脳の手術が必要な場合は脳神経外科、末梢神経や筋肉・関節への処置が必要な場合は整形外科などとも連携をとるケースもあります。

神経内科はどんなお仕事?

神経内科領域の疾患は、場合によっては脳神経外科での手術が必要な場合もありますし、適切な薬物治療が必要となる場合もあります。運動機能障害が起きている場合は、残存機能を生かしたより良い生活を送るためのリハビリテーションが必要となる場合もあります。疾患や病態によって、看護師の仕事も様々ですね。

分かりやすく大雑把にまとめると

  • A「身体のどこかが痛い」→薬物による根治・対症療法や外科手術が必要
  • B「身体が上手く動かない」→薬物療法やリハビリテーションが必要
  • C「記憶や思考が困難」→薬物治療や場合によっては外科手術が必要

という感じでしょうか。もちろん、全てがこれに当てはまるわけではありませんけどね。

例えばBに該当するパーキンソン病などは、現代ではたくさんの薬物がありますし、適切な薬物療法によって症状が軽減するケースもあります。またCに該当する認知症などは、良い薬物も増えましたが、慢性硬膜下血腫などが原因の場合は手術することでかなり改善されるケースもあります。

看護師の仕事としては、まさに病態によりますね。手術療法が必要な場合は脳神経外科との連携も必要ですし、術後しばらく経った患者さんが戻ってくる場合もあるでしょう。リハビリテーションが必要であれば、日常生活動作や日常生活で必要となる用具への工夫も必要ですね。基本的に長期化するケースが多いので、患者さん本人だけではなくご家族へのケアも看護師の仕事といえそうです。

神経内科に向いている看護師

まずは神経内科領域の疾患をしっかり理解することが大切です。例えば認知力はしっかりしているけど身体が動かない患者さんと、身体は大丈夫だが認知力が落ちている患者さんでは、日常生活における対応も、患者さん自身やご家族への対応も、全くちがってきますよね。

例えば認知症の患者さんの場合、自分一人で日常生活を送ることは困難になります。そこにはご家族の支えも必要ですが、長期化するほど疲労するのは目に見えています。そんな時はご家族に寄り添うのも必要ですし、社会的サポート(デイサービスなど)の利用を勧めるのも看護師の仕事になるかもしれません。

特にアルツハイマー型の認知症は、一度発症すると適切な薬物治療を行っても、その余命は10数年といわれます。日常的な良い接し方と悪い接し方も最近では明確になってきましたが、やはり10数年寄り添うご家族は大変ですよね。

これらも含めたトータルなケア、強い精神力、社会的な動き(サポート内容の変化なども含め)を把握するスキルも、看護師として必要な要素かもしれません。

いかがですか?今回は神経内科での看護師の仕事を考えてみました。何となく想像できそうですか?


このページの先頭へ