産業看護師の仕事内容


今回は企業への就職として人気の高い、産業看護師について考えてみます。

産業看護師はどんな人と接するのか

産業看護師・・・耳慣れた言葉ですか?ここ数年、企業で働く看護師の職場として注目を浴びているようです。一言でいえば、一般企業の健康管理室が職場であり、その企業の社員さんの健康管理を行うのが仕事です。

つまり「患者さん」というよりも、若干健康に不安がある社員さんのための「保健の先生」のようなお仕事でしょうか。そこには当然、保健師さんや産業医さんもいます。しかし大手企業や大規模な工場などになると数百人から千人単位の社員さんの健康管理を行いますので、1人や2人の保健師さんではとても手が回りませんね。

そこで保健師さんの指示の下で働く「産業看護師」が、注目されているわけです。健康相談や保健指導などは主に生活習慣病予防などが対象となりますが、最近ではメンタルヘルスに力を入れている企業も増えています。

産業看護師はどんなお仕事?

企業の健康管理室には、「第一種衛生管理者」などの資格を持った保健師さんや産業医さんがいます。基本的には彼らの指示の下で実務を行うことになります。

ところで、2008年4月から日本では「特定健診・特定保健指導」制度が始まりましたね。これは主に、生活習慣病の早期発見を目的としています。大手企業の場合、その企業が加入している健保組合があり、健診の受診率・保健指導の実施率は、健保組合としてある一定以上は行う必要があります。

そのため、産業看護師としても、自社内の健診や保健指導の受診率をどうやって上げるか、これも仕事の1つになります。さらに最近多いのがメンタルヘルスです。大雑把にいえば「職場でのうつ病対策」ならば分かりやすいでしょうか。

具体的に産業看護師が何をするかは、企業の健康管理室の方針にもよりますが、概ねは、労働者や管理監督者への教育研修・情報提供に始まり、労働者による自発的な相談とセルフチェックに対して相談に乗る(大手企業であれば社内サイトなどでセルフチェックができるようなシステムもあったりします)、自発的ではない場合も管理監督者からの相談に乗る(要は「最近部下の様子が変なんだけど・・・」という相談)、さらには労働者の家族による気づきや支援の促進(場合によってはご家族への連絡、支援などを行うケースもあるようです)などでしょうか。

これらの業務を保健師さんや産業医さんの指示の下に行うことになります。

産業看護師に向いている人

産業看護師と医療機関の看護師との大きな違いは、疾病に対する治療ではなく、いわゆる予防医学の世界になる、という点です。これまで病棟などの勤務だけだった場合、結構なカルチャーショックもあるかもしれません。健診センターなどの業務が比較的近いのではないでしょうか。

生活習慣病予防の観点からいえば、いわゆる公衆衛生学や統計学などもある程度は必要になってきます。生活習慣病も病態生理ももちろんですが、もっと広くその原因や予防策への知識は重要です。

大手企業になるほど対象となる社員さんのデータは膨大ですので、パソコンスキルはある程度あった方が良いでしょう。

また、職場のメンタルヘルスに関しては、実は厚生労働省も非常に力を入れおり、働く人のメンタルヘルス・ポータルサイトとして「こころの耳」というサイトを立ち上げているほどです。

その背景には、ここ数年、労働者の仕事におけるストレスの増加が顕著であること、過労死や精神障害等に係る労災補償が増えていることにあるようです。

ところで企業などでの健康管理業務に2年以上従事すると、産業看護師としての研修を受け、日本産業衛生学会産業看護師として登録することが出来ます。これ自体は学会資格ですが、専門性を高めることはできると思いますよ。

いかがですか?今回は訪問看護について考えてみました。何となく想像できそうですか?


このページの先頭へ