脳外科の仕事内容


今回は、総合病院の脳神経外科(脳外科)、あるいは入院施設を持っている脳神経外科病院での、病棟での看護師の仕事について考えてみます。

脳神経外科にはどんな患者さんがいるか?

入院してくる患者さんは、交通外傷などによる頭や脳の怪我から、脳腫瘍や脳血管障害などの疾患まで様々です。基本的に手術による治療が適応となる患者さんです。

ところでよく脳卒中という言葉を聞くと思いますが、実は<脳卒中>という疾患名はありません。脳梗塞と脳出血(くも膜下出血+脳内出血)やTIA(一過性脳虚血)などをまとめてこう呼びます(後遺症などに対しては<脳卒中>と付くものがあります)。同じ脳卒中でも、梗塞なのか出血なのかで患者さんの症状は変わってきます。

まず脳梗塞の場合、見当識障害や、梗塞のある側と反対側の麻痺が起こります。また言語中枢は左脳にあるといわれており、左脳に梗塞がおこると言語障害が起こるともいわれています。

脳出血の場合、激しい頭痛や強い嘔気のあと急に意識障害が起こります。急激に頭蓋内圧が亢進するため、生命維持が麻痺すればあっという間に死に至ります。

いずれにしても非常に緊急性が高いため、患者さん自身だけでなくご家族も突然のことで動揺していることが多いでしょう。しかも命に関わる超急性期。その不安は計り知れません。
 

脳神経外科はどんなお仕事?

脳内の手術としては、腫瘍などの予定を組める(脳ヘルニアを起こしているような緊急度が高い場合はその限りではないですが)手術もありますが、いわゆる脳卒中といわれるものは緊急性が非常に高いです。入院から検査(血液検査はもちろん、X線・CT・MRIなど)、その結果による緊急手術までほんの数時間もない場合もあります。

看護師の仕事としては、生命維持がまず最優先です。術前も術直後も、頭蓋内圧を下げ生命維持機能を維持することに重点が置かれます。輸液ポンプによる投薬もありますし、(まず食事はできないので)水分維持や脳圧を下げるための点滴は持続的に行われます。

観察項目としてフィジカルアセスメントは重要ですし、特に意識レベルや麻痺の状態のチェックは、頭蓋内圧亢進の兆候をいち早く発見するためにも重要なポイントです。

また、「脳卒中リハビリテーション看護」という認定看護師の条件として、

  • 実務研修のうち通算3年以上は、脳血管患者の多い部署での看護実践を有すること
  • 急性期にある脳血管障害患者の看護を5例以上担当した実績を有すること
  • 現在、脳血管障害患者の多い施設で勤務していることが望ましい

などがあります。脳神経外科での経験は必須ですね。

脳神経外科に向いている看護師

基本的に、快復してもリハビリ病院などへ転院するケースも多く見られます。いずれにしても入院前と後で患者さんの生活は大きく変わるため、患者さん自身ももちろん大変なのですが、ご家族の経済的・精神的負担も大きくなります。看護師としても上手くフォローしていく必要があります。

また、手術しても意識が戻らない、または緊急手術すら間に合わない、といったケースもあります。常に生と死が隣り合わせているところでもあるのです。

ここで働いていくためには、動けない患者さんを移動・移乗・移送するため体力だけではなく、強い精神力も必要ですし、ご家族へのフォローが出来る優しさも必要でしょう。脳神経外科は専門性が高いところですので、これらを色々経験して認定看護師を目指す人も多いと思います。

いかがですか?今回は脳神経外科病棟での看護師の仕事を考えてみました。何となく想像できそうですか?


このページの先頭へ