緩和ケアの仕事内容


今回は人の「痛み」としっかりと向き合う、緩和ケアについて考えてみます。

緩和ケアが対象とする患者さんは?

緩和ケア(緩和医療)とは、WHOの定義では「生命(人生)を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、心理・社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと処置を行うことによって、苦しみを予防したり和らげることで、QOL(人生の質、生活の質)を改善するアプローチである。」とされています(WHOの定義分2002より)。

日本では主に、がんによる身体的な疼痛や、患者さんの家族までを包括した様々な「痛み」に対するケア、と位置付けられています。この「様々な『痛み』」とは、

  1. 身体的苦痛:疼痛、息苦しさ、動けない(身体の自由がきかない)、だるさなど
  2. 社会的苦痛:仕事上が継続できない、経済的な悩み、人間関係、相続問題など
  3. 精神的苦痛:不安、恐れ、怒り、苛立ち、孤独感、うつ状態など
  4. 実存的(スピリチュアル)苦痛:人生の意味(生きる意味があるのか)、価値観の変化、死生観、死への恐怖、苦しみの意味など

があるといわれています。

緩和ケアはどんなお仕事?

緩和ケアは、外来、入院、在宅など様々な形態をとります。まず外来では、入院治療を終え在宅でも生活が可能な患者さんが来ます。カウンセリング的な事から始まり、鎮痛剤の処方などの医療を提供します。

入院の場合、主にがん治療で入院している患者さんへのケアとして、専門医・看護師・薬剤師・心理士などがチームを組み、痛みや苦痛の軽減を目標として治療やケアにあたります。がんに対する治療法がすでにない状況であれば、ホスピスなどで患者さんの最期のケアにあたる場合もありますね。

また在宅の場合は、患者さんの家族も含め、包括的なケアが必要となります。経済的な理由や患者さんの意思により、ご自宅で最期を迎える方もいるでしょう。その時まで、地域の専門医や在宅看護ステーションなどを通じて、痛みや苦痛の軽減を目標とした治療やケアを提供します。

緩和ケアに向いている看護師

緩和ケアに携わる場合、緊急的な処置やケアも必要ですが、救急外来やOPE室のように時間との勝負!というよりは、比較的ゆったりとした時間を大切に出来る方が良いかもしれません。

但し、患者さんは言ってみれば「これ以上の治療による治癒は望めない」人が対象となりますので、生とは何か、尊厳ある死とは何か、というある意味哲学的な考え方が出来る人の方が向いているでしょう。

また患者さんの状態や訴え、患者さんの生活背景、患者さんのご家族の訴えなどから、患者さんや家族が何を考えているのか、この人達は今何を求めているのか、じっくりと向き合って一緒に考えていける懐の広さも必要そうです。

基本的には、そう遠くは無い最期の時に向かって歩き始めている患者さんですので、その中でも明るく前向きに、精一杯のお世話ができる人が必要です。ケアにあたる側も精神的にかなり強くないと、一緒に倒れてしまいそうですよね。

ところで緩和ケアである程度の実績があれば、「がん性疼痛ケア」という認定看護師資格や、「緩和ケア」といった専門課程に進める可能性もあります。かなりのスピードで高齢化が進む現在の日本、今後の「緩和ケア」は、もっと世の中に必要とされる分野なのかもしれませんね。

いかがですか?今回は緩和ケアでの看護師の仕事を考えてみました。何となく想像できそうですか?


このページの先頭へ