循環器科の仕事内容


今回は心臓疾患を抱える患者さんが来る、循環器科について考えてみます。

循環器科にはどんな患者さんが来るか?

循環器疾患といえば、何を思い浮かべますか?一番メジャーなところでいえば狭心症や心筋梗塞でしょうか。どちらも様々なリスクファクター(要因)がありますが、糖尿病などと同様、一度患うとほぼ一生の間、薬物治療などが必要となります。生きるために必要な臓器の機能を維持しないといけないので、当然といえば当然ですね。

循環器疾患、特に狭心症や心筋梗塞は、大抵の場合突然発症しますので、救急搬送されてくる場合が多いですね。そこで救命処置を行いつつ心エコーや心臓カテーテル検査などで診断し、場合によっては心カテ下での治療や心臓手術が必要となります。一刻を争う場合も多いので、常に緊張感がある職場かもしれません。

また心臓内の弁の異常や心臓の奇形など、比較的小さな頃(生後間もなく、という場合もある)から一生その疾患と付き合い、ある程度のところで手術になる場合もあります。病状によっては心臓移植が必要な患者さんもいますね。

循環器科はどんなお仕事?

基本的には医師が行う救命処置や検査への介助を行います。また心臓という命に非常に関わる臓器の疾患を抱えた患者さん自身や、家族へのケアも必要となります。

循環器内科では、24時間心電図検査(ホルタ―心電図)なども行いますし、場合によっては常に心電図モニターでの監視を行います。心臓カテーテルによる検査や治療に対するケアとしては、合併症(狭心症心筋梗塞の発作、不整脈、心不全、ショック、造影剤によるショック、カテーテル挿入部からの出血、血栓等)の早期発見も重要なポイントかと思います。

特に脳梗塞発作は件数も多く、そのまま死に直結する場合もあるので、最も怖い合併症ともいわれます。意識レベルの低下がみられるかどうかを見極める必要があります。

心臓血管外科による手術が必要な場合、対象となる疾患は心筋梗塞などの他にも、大動脈弁閉鎖不全、大動脈弁狭窄、僧帽弁閉鎖不全、僧帽弁狭窄、三尖弁閉鎖不全などもありますね。

緊急性が非常に高いところでは、心タンポナーデや心破裂などもあります。いずれにしても看護師の仕事内容は、蘇生や救命処置に深く関わるものになります。

循環器科に向いている看護師

まずは心電図が読めることは大前提でしょう。心電図とは良くできたもので、ほんのわずかな波形の乱れでも、患者さんの心臓の状態をある程度予測できます。

これが出来るようになるまでにはかなりの勉強と実践が必要ですが、それが苦にならない、むしろしっかりと勉強できる人であるほど、循環器科の看護師には向いているでしょう。また循環器疾患は多くの病態があります。

これらも一つでも見落とすと大変なことになりかねませんので、深く勉強できる人は歓迎されます。

さらにいえば、循環器科は一刻を争うケースが非常に多いです。場合によっては超急性期はCCUで、病状が落ち着いたら循環器内科病棟で、というケースもあるかもしれません。

求められる看護師像としては、テキパキとして無駄がなく、今何がこの患者さんに必要なのかを常に考えて行動できる行動力を持ち合わせていることでしょうか。

ところで、循環器科に長く務めると、「慢性心不全看護」という認定看護師資格を取得できるチャンスもあります。安定期、増悪期、終末期の各病期に応じた生活調整及びセルフケア支援や、心不全増悪因子の評価およびモニタリングなどが必要なスキルのようです。

近年、循環器科の専門病院(○○ハートセンターなど)も増えてきましたし、非常に専門性を高めることができる職場だと思いますよ。

いかがですか?今回は循環器科での看護師の仕事を考えてみました。何となく想像できそうですか?


このページの先頭へ