腎臓内科の仕事内容


今回は人の排泄に関わる病気が多い、腎臓内科について考えてみます。

腎臓内科にはどんな患者さんが来るか?

腎臓内科が対象とする疾患は、急性・慢性腎炎、蛋白尿、血尿、電解質異常などです。腎臓の機能が低下する原因には、腎臓自体に問題がある場合もありますが、例えば妊娠中の腎臓障害もありますし、全身状態の悪化から二次的に腎臓に障害が起こる場合もあります。

分かりやすくいえば糖尿病性腎症(糖尿病の経過が長いほどリスクが高くなる。糖尿病により腎臓の毛細血管が異常を来して腎障害が起こる)や高血圧性腎症(腎硬化症ともいう。高血圧が原因となり腎臓の血管に動脈硬化を来して腎障害が起こる)もあります。

また近年、慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease:CKD)が問題となっています。これは血尿・蛋白尿があり腎機能が低下(概ね正常範囲の60%以下)した状態をいいます。

肥満やメタボリックシンドローム、高血圧、喫煙、高血糖、高尿酸、脂質異常など、動脈硬化の危険因子が原因といわれていますので、適切な治療を行わない限り、腎不全→透析つなるケースが増えているそうです。

腎臓内科と泌尿器科の大きな違いは、泌尿器科のように(前立腺肥大症などによる)排尿困難などが対象ではない点でしょうか。

むしろ排尿できるけどその尿の成分に異常がある、尿を生成する腎臓に問題がある患者さんです。病院によっては泌尿器科と腎臓内科が一緒の場合もありますが、患者さんの病態としてはこのような違いがあります。

腎臓内科はどんなお仕事?

腎臓内科は泌尿器科とも非常に近いです。しかし内科的治療が中心であり、場合によっては透析導入に関わることもあります(透析については、改めて別の項目とします)。

腎臓内科に入院する患者さんは、急性・慢性腎炎やネフローゼ症候群などに対する精密検査・治療、腎機能障害に対する内科的(保存的)な食事療法・薬物療法、腎機能障害が進行した患者さんの場合は血液透析・腹膜透析の導入などがその入院目的になります。

看護師の仕事としては精密検査や治療への介助・援助もあります。また食事療法や薬物療法をスタートする患者さんもいますので、教育的なものも仕事になります。

食事は栄養士さんが、薬物は薬剤師さんが行う場合もありますが、患者さんの一番身近にいる看護師としては、一方通行の教育ではなく、患者さんが納得して食事・薬物治療を受けられるよう、精神面での援助も必要でしょう。

腎臓内科に向いている看護師

まずは腎臓の働きや腎機能が異常をきたす状況を想像できる知識は必要です。CKDの例もそうですが、腎臓自体に問題がある場合もあれば、全身状態の悪化により二次的に腎障害を起こす場合もありますね。その場合は元となる疾患の知識も十分にもっている必要があるでしょう。

腎臓はある程度障害を受けてしまうと、完治することが難しい臓器です。人には2つある臓器ですが、腎臓がんなど腎臓自体が原因となる場合以外、例えば糖尿病や高血圧が原因の場合、大抵は両方の腎臓が同じように障害を受けます。

病態によっては一時的な透析を必要とするケースもありますが、CKDが悪化した場合などは透析を始めると大抵は一生続くことになります。人工透析はかなりの時間を費やしますので、社会人であれば仕事への影響が非常に大きな治療法の一つです。

これらを加味すると、看護師としては慢性化・長期化する疾患を抱えた患者さんへの精神的なケアができる人はポイントが高いでしょう。また患者教育が重要となる場面も多く、特に塩分やタンパク質などの食事制限は必須です。

これらを「ダメ」だけではなく、なぜダメなのかを理解してもらい、具体的にどのような食事をすべきなのかを、きちんと患者さんと向き合いながら考えて行けることも重要でしょう。

いかがですか?今回は腎臓内科での看護師の仕事を考えてみました。何となく想像できそうですか?


このページの先頭へ