救急病棟やICUの仕事内容


今回は、総合病院の救急病棟やICU(Intensive Care Unit)での看護師の仕事について考えてみます。

救急病棟やICUにはどんな患者さんがいる?

入院してくる患者さんは、文字通り緊急性の高い救急患者さんです。日本集中治療医学会ではICUについて「内科系、外科系を問わず呼吸、循環、代謝そのほかの重篤な急性機能不全の患者を収容し強力かつ集中的に治療看護を行うことにより、その効果を期待する部門である」と定義されています。

また開胸・開頭・開腹手術など、比較的侵襲が大きい手術の術後患者さんに対して、集中的な治療看護を行うこともあります。特に経過が順調であれば術後24時間くらいで元の病棟へ戻っていきます。

いずれにしても、入院患者さんの病態は非常に多岐に渡り、しかも集中的に多くのスタッフにより何かをしないと生命維持が難しい、という切迫した状況です。集中的な治療看護により生命の危機を脱したと判断されると、それぞれの疾患に適した病棟へ転棟します。

しかし患者さんによっては、救急病棟やICUに入ることで「自分は危険な状態だ」というプレッシャーや、外界と遮断されること・モニター音を聞き続けることで精神的な異常を来す「ICU症候群」となる人もいます。

救急病棟やICUはどんなお仕事?

患者さんには、非常に多くのモニター類、輸液チューブ類(ポンプ付)、排液チューブや膀胱留置カテーテル類が装着・留置されています。これを絡めないように捌きつつ、全て正常に動作しているか、輸液は指示通りの量とスピードで滴下しているか、尿や排液などもきちんと体外へ出ているかなど、観察項目は非常に多いです。

特に生命維持に必要な薬剤は、多すぎると逆にショック症状を呈したり、そのまま死に至るものもありますので、厳密な輸液管理が必要です。また、病状に合わせて意識レベルや麻痺の状態も確認しますし、生命維持装置が一つでもアラームを出せばすぐに対応しなくてはなりません。とても一人で対応できる内容ではありません。

そういった意味でも、ICUなどではチームプレーが重要です。ここには通常、一般病棟よりもかなり多くの看護師が配置されています。複数の看護師、救急救命医や各科の医師、臨床工学士など多くの医療者が協力しあって、一人の患者さんを診ています。それぞれの立場で今何が必要かを瞬時に判断し、行動できるスピード感が必要ですね。

ここで3~5年の経験を積めば、「急性・重症患者看護」という専門看護師や「救急看護」という認定看護師の認定を受ける過程へ進むこともできます。求められる技能としては、迅速な救命技術、災害時における急性期の医療ニーズへのケア、危機状況にある患者・家族への介入などです。いずれも専門性が高いものですので、じっくり勉強しないと難しいですね。

救急病棟やICUに向いている看護師

基本的には、テキパキと集中して色々なことができる人です。様々な測定や観察項目の持つ意味だけではなく、医療機器にも強くないといけませんね。新しい医療機器でも率先して勉強できるような、前向きな姿勢は受け入れられます。特に幅広い疾患と治療法、薬剤等に関する知識が必要ですので、勉強を厭わない姿勢、むしろ勉強大好きな部分は必要ですね。

また、チームプレーが非常に重要となる場所なので、この人はキライとかウマが合わないとか、そういうことは全くもって言っていられません。腹の中でどんなに黒い感情を持っていたとしても(持たないに越したことはないですが、看護師だって人間ですから感情の起伏は当然あります)、それを表面に出さないで仕事と割り切って動ける精神力は必要でしょう。

勉強も大好き、テキパキとした身のこなしで、強い精神力を持ち合わせた看護師って、ある意味スーパーマンですけどね。

いかがですか?今回は救急病棟やICUでの看護師の仕事を考えてみました。何となく想像できそうですか?


このページの先頭へ