訪問看護の仕事内容


今回は求人率が上昇の一途を辿っている、訪問看護について考えてみます。

訪問看護の対象となるのはどんな患者さん?

訪問看護は高齢者介護と似た部分もあります。訪問介護という言葉もありますよね。看護師が行う訪問看護は、対象となる方のお家を訪問して医療行為を実施することに重きが置かれます。

対象となる方の病態は様々ですが、高齢により要介護となった方への医療的な行為、生まれつき障がいを持った方への医療的な行為、あるいは末期がんにより自宅療養中の方の緩和ケアなどが含まれることもあります。

基本的には日中の業務ですが、生活上の援助を行う訪問介護と違い、医療行為が必要な状況にはお休みはありません。緊急の場合は、夜間の連絡により看護師が対象となる方のお家を訪問する場合もあります。状況によっては医師との連携が必要です。

いずれにしても、病気や障がいを持った人が、住み慣れた地域やご家族の下でその人らしい療養生活を送れるよう、看護師が生活の場(主にお家)へ訪問して医療的な行為や看護ケアを提供することにあります。これにより、患者さん自身の自立への援助を促し、療養生活を支援していくことになります。

訪問看護はどんなお仕事?

看護師の仕事も多岐に渡っています。例えば、療養上のお世話として洗髪や入浴介助もありますし(場合によっては介護になることも)、定期的な病状の観察、在宅でのリハビリテーションの支援、褥瘡予防の工夫や指導、出来てしまった褥瘡の手当てなどでしょうか。

また、かかりつけ医からの医療行為の指示があればそれに従いますし、在宅酸素や人工呼吸器を使用している場合はそれら医療機器の管理も含まれます。

さらには、認知症ケアとして事故防止・認知症介護の相談・工夫のアドバイスもありますし、介護予防として低栄養や運動機能低下を防ぐためのアドバイス、ご家族への介護支援・相談などもあります。こうしてみると、本当に幅広いですよね。

仕事が非常に多岐に渡りますので、それなりの知識をしっかりと持っていることも重要です。例えばなぜ認知症の患者さんはこういった言動をとるのか、あるいは人工呼吸器が必要となる障がいの病態生理とはどの様なものかなど、より多くの深い知識を持っていないと、患者さんやそのご家族へのアドバイスなどは、マニュアル通りになってしまいます。

しかし患者さんの病態は千差万別です。しっかりと観察し、ご家族からもきちんとヒアリングし、何が問題でどう解決していけばよいかをじっくり考えることも看護師の仕事と言えそうです。

訪問看護に向いている看護師

訪問看護は総合病院の病棟勤務などとは違い、自分達で積極的に情報を収集する姿勢がないと、とても狭い世界に陥りやすいそうです。また、かかりつけ医や自治体の担当者、介護事業者などとの密な連携が必要とされますので、自施設(多くの場合は訪問看護ステーションなどですが)以外の専門職の方とのコミュニケーション能力が要求されます。

さらに、訪問看護も訪問介護などの介護事業者と同様、医療行為と介護行為の狭間に立つこともあります。この行為は医療保険の対象なのか介護保険の対象なのか、分かりにくい部分も多く、定期的に法改正もされますので、世の中の動きに敏感であることも必要な要素といえるでしょう。

それから単純なようですが、他人のお家へ上り込むのが苦痛でないことが第一条件です。他の素質を持ち合わせていても、訪問看護は文字通り、誰かのお家を訪問して行います。他人の生活を垣間見ることにもなりますので、これが苦痛だと難しいかもしれません。

ところで、訪問看護に長く携わると、「在宅療養者の主体性を尊重したセルフケア支援およびケースマネジメント看護技術の提供と管理」を行う訪問看護師という認定看護師資格や、地域看護といった専門看護師資格の道も開けてきますよ。

いかがですか?今回は訪問看護について考えてみました。何となく想像できそうですか?


このページの先頭へ