美容整形の仕事内容


今回は「いつまでも若く美しくいたい」という女性共通の悩みにお応えする美容整形について考えてみます。

美容整形にはどんな患者さんがくるか

「いつまでも若く美しくいたい」これは万国共通の女性の悩みといえるのではないでしょうか。その内容についても「とにかくぱっちり二重にしたい」とか「胸を大きくしてウエストを絞ってお尻を上向きにして・・・」とか、人によって求める美の基準は違います。

ずっと昔はお金と時間のある、いわゆるセレブが必要とするものでしたが、ここ最近ではプチ整形をすることで大きな自信に繋がり、人生を明るくハッピーに!という人も増えています。しかも女性だけではなく、男性でも美容整形の門をたたく人は増えていますよね。

昔に比べると、例えば鼻や乳房に埋めるものなど、体に埋め込むものはかなり安全性が高くなりました。しかしどんな小さな手術でも、麻酔をかけ、メスを入れることには変わりありません。手術や術後の傷の痛み、上手く変わることが出来るかへの不安など、患者さんの心中では痛みや不安は常に背中合わせになっています。

しかも現在では保険適応ではないため、施術ごとの料金の統一はありません(目安はありますけどね)。全て医師の腕と経営者の方針にかかっているわけです。

美容整形はどんなお仕事?

看護師の仕事はまず、「自分も若くてキレイでいること」のようです。美容整形はいってみれば「言い値」でのサービス提供ですし、実際、医師の腕が良ければ患者さんは次々やってきますので、医療機関としては資金が潤沢な方です。従って看護師の給与も比較的高額で、尚且つ残業も比較的少ないといわれます。正に理想の職場かもしれません。

しかし、美容整形に努める看護師は、自分自身が広告塔であることも忘れてはいけません。例えば痩身術を受けたいと思ったのに、そこの看護師が全員肥満体型だったらどうでしょう?また若々しさを取り戻したくて来たのに、そこの看護師は全員、生活感が溢れ見るからに疲れていたら信用されませんよね。

さらに言えば、清潔感があり笑顔が魅力的で立ち居振る舞いも優雅で・・・上げ始めるとキリがありません。もちろん全てを満たすのは難しいことですが、そうあるように努力することも仕事の1つといえそうです。

医学的なことに目を向けると、患者さんの希望を把握してカウンセリングを行い、手術の介助や術後のお世話をすることも看護師の仕事になります。仕事の内容は結構幅広いですよ。基本的に土日は開業していることも多いので、一般的には平日のお休みになることが多いようです。

美容整形に向いている看護師

まずはいつまでも健康で若々しくあること。スタイルや立ち居振る舞いにも気を配り、美容整形を受けにくる患者さんの理想となるべき姿を、維持しようと努力できることでしょうか。美容整形の看護師はお給料が高い傾向にありますが、比較的離職率や再就職率も高いようです。

実際に募集記事は常に多いですし、働こうとする看護師の実年齢も若い方が重宝されます。募集記事には「容姿端麗」とはありませんが、本来はここが最も必要とされる資質なのかもしれません。

また美容整形の看護師の業務は意外と幅広いです。患者さんの悩みに耳を傾け、じっくりと話を聞くことも重要ですし、手術の介助も重要な仕事です。非常に細かい手術だったり、美しく仕上げることに重点がおかれる手術になります。

さらに、美容整形の世界もどんどん進歩していますので、看護師もその変化について行ける技量が必要です。しかも安全性が高くなったとはいえ、治療目的の手術ではないので、元の状態よりも「より良い見た目」となることが重要とされます。

それから術後に入院が必要な場合は、術後管理も看護師の仕事です。一般的な病院でいえば、外来・手術室・外科病棟・術後の外来でのフォロー、これらの全てを網羅することになります。結構、幅広いですよね。

いかがですか?今回は美容整形について考えてみました。何となく想像できそうですか?


このページの先頭へ