転職理由


看護師の転職理由

看護師さんは非常に転職の多い職種です。そういった現状はなぜ起こるのでしょうか?転職理由を挙げてみましょう。

人間関係


これは一般的に一番多い転職理由ですが、看護師の場合も当てはまります。特に女性がほとんどの職場なので、好き嫌いや嫌がらせ等が発生しやすく、同姓が多い職場で起こりやすい現象といっていいでしょう。

また、医師の態度が高圧的であったり、セクハラ等もよくある人間関係トラブルですね。こういったコミュニケーションのトラブルはどんな職場にも当てはまります。

人間全ての人と合うというのはありえないことです。こういった場合は職場を変えるのが一番でしょう。他人をこちらから変えるのは難しいことです。

労働時間・労働環境

看護師の労働環境は非常に過酷です。患者さんの対応から患者の家族、医師への対応と多岐に渡ります。また、救急があれば残業もしなければなりません。さらに夜勤等の変則的な勤務時間のため、生活が不規則になる。こういった過酷な労働環境や変則的な労働時間に対応するのは至難の業です。これも非常に多い転職理由です。

結婚・出産


看護師のほとんどが女性ですので、当然「結婚・出産」がつきまといます。それに伴い、激務の病院からある程度勤務の融通のきく病院へと職場を変えます。特に子どもが生まれた場合は子育てがありますので当然のことと言ってよいでしょう。

給料

激務に比べて給料が安いというのも転職理由の一つです。一般的に高いと言われている給料ですが、責任の重さ、業務内容の厳しさを考えると満足いく場合は少ないようです。給料・平均年収も参考にしてください。

スキルアップをしたい


専門職ですので、看護技術は必要です。今務めている病院やクリニックでは学ぶことが出来ないスキルを学ぶために職場を変える。認定看護師の資格を取れる病院に行くのも良いでしょう。自分の興味のある診療科目がある病院に行くのも良いと思います。


これらが看護師の転職理由として非常に多いです。こういった場合は思い切って転職することをおすすめします。みなさんも悩んでいるのです。是非満足する職場を見つけましょう!

求人の探し方


このページの先頭へ