求人倍率


看護師の求人倍率

まず転職活動を行うにあたって看護師の求人事情を知っておきましょう。
平成20年に東京労働局が発表したデータでは、看護師の求人倍率は4.2倍となっています。

求人倍率とは求職者1人につき何件の求人があるかを示す数字です。例えば求人倍率が3の場合、看護師1人に対して3件の求人があることを示しています。

求人倍率が1を超えると仕事を探している人の数よりも、募集している数の方が多い事になります。看護師は人不足が深刻であり、常に求人倍率は1以上になっています。

平成21年3月に厚生労働省が発表したデータによると、保健師、助産師、看護師の求人倍率は2.61倍。不景気もあって一般事務の有効求人倍率が0.12倍と非常に少ない中、看護師は非常に高い求人倍率になっています。はっきりいって不況知らずといっていいでしょう。これだけ高い求人倍率は他の職種ではほぼ無いといっていいです。

また、診療報酬における看護体制も看護師の増員の方向に向かっていっていることもあり、今後も看護師の不足が予想されます。ですので、給与アップを狙うのにも転職は大きなチャンスになるのです。

看護師の求人倍率は非常に高いということを頭に入れて転職活動を行いましょう。重要が多く、成功しやすいということです。

看護師の転職理由


このページの先頭へ