看護師が転職する際の悩み


今、転職を考えていますか?

今、このサイトをご覧の皆さんは、転職したい、あるいはいずれ転職したいとお考えなのだと思います。

何故、今転職したいと思うのか?

では、転職を考える理由を、30秒間で5つ上げて下さい。
 
3つ位までは簡単に上がると思います。ところが、これを急に言われると、あと2つは中々出てこない人が多いと思います。

出てくるとしても、よーく考えると似ている理由があると思います。では一度、自分が転職を考えた理由や切っ掛けを、細かく紙に書き出して見て下さい。

転職の動機で多いものは?

色々な看護師転職サイトなどでも時々アンケート調査結果が発表されていたりします。そこには色々な理由が挙がっていますが、実は突き詰めて考えると大抵は3つのどれかに入ります。

  1. 給与面で不満がある
  2. 職務内容の面で満たされていない
  3. 人間関係で不満がある

「仕事内容の割に給料が安い」というのは1.と2.の両方に関係します。しかしこれも、「給料が安い」と「仕事内容がきつい」などの2つに分けると、1.と2.に分類されていきます。また、2.は敢えて「満たされていない」と書きましたが、現在の職場では学べないことを学びたい、もっとスキルアップしたい、というポジティブな理由に転換出来ます。

ではここで、先ほど紙に書き出したものを、この3つに分類してみて下さい。どれにも分類されない場合はそのままにして下さい。一番多く分類されたグループものが、アナタが本当に転職したい理由です。
 

転職の悩み=転職したい理由

次に、転職を考えるにあたり「悩み」はありますか?悩みも同じように紙に書き出して見て下さい。それを今度は「給与」「職務内容」「人間関係」「悩み・不安」でグループ化して下さい。
 
さて、アナタはどのグループが一番多かったでしょうか。「給与」「職務内容」「人間関係」のどれかが多かった場合は、それが転職の目的であり、転職先を探すキーワードになります。「悩み・不安」が多かった場合は、自分一人の力で解決するのは難しいかもしれません。

でも大丈夫。そんなアナタには、プロのカウンセラーに相談するという手があります。現在、看護師転職サイトは本当に沢山ありますが、専任のカウンセラーが居るところが多いです。

彼らは転職先を探すプロですから、アナタの希望を叶えるように努力してくれます。但し、希望は的確に伝えることが大事ですので、今回の自己分析を参考にして見て下さい。

次は看護師の履歴書の志望動機の書き方を考えてみましょう。


このページの先頭へ