面接対策


看護師の転職の際に重要なのは何よりも面接です。きっちりと適切な面接対策をして臨みましょう。そのためにも準備をしっかりとしておくことが大事です。ここでは元人事担当者の管理人が、いろんな看護師さんを見てきた上での面接のマナーや面接対策を伝授します。

面接のマナー

服装・身だしなみ

どんな場合でもそうですが、面接の際は第一印象がモノを言います。とにかく清潔感を重視した服装やメイクで臨んで下さい。

髪型
髪型は清潔感重視で。長い髪はまとめるのが基本。あんまり気合の入ったカールとかは必要ありません。ウィッグとかしていく人はいないと思いますが、そういうのもNG。シンプルな髪留めで止めておきましょう。あんまりド派手な色も厳しいかもしれません。常識のない人だと思われます。

服装
20代~30代ぐらいはスーツが基本です。お手持ちのリクルートスーツなどを着て行きましょう。40代ぐらいだと逆にほとんどスーツは無いです。実際あまり着ないでしょう。ですので、きれいめな服装で行きましょう。あんまりガラガラした福よりはシンプルな服をおすすめします。

靴はヒールの高いものはNG。面接の場ですので、ファッションセンスを競う場ではありません。ブーツなども駄目。パンプスなど、ベーシックなもので行きます。スニーカーも駄目です。

メイク
メイクも清潔感重視で。ナチュラルに仕上げましょう。若い方、デカ目メイクとか駄目ですよ(笑)アイメイクも自然な感じにして下さい。基本は薄化粧でお願いします。

訪問する時間

面接の際に病院やクリニックに行くのは当然ですが、この際に注意するのは訪問する時間です。基本的には10分前ぐらいに到着するように行きましょう。中には早くいったほうがいいと考える人もいて、30分前などに行く人もいますが、これは逆効果です。

というのも、面接担当者も仕事をしているわけで、予定というものがあります。私も面接をする際にものすごく早く来る看護師さんを何度か面接しましたが、正直「来るの早すぎ(笑)」と思ったものです。遅刻は絶対に駄目ですが、逆に早過ぎるのも相手に迷惑です。10分前程度に訪問するようにしましょう。

面接でよく聞かれる質問への対応

退職理由

前職の退職理由や転職理由は100%聞かれると思って下さい。私の経験上、採用後によくよく後で聞くと、ぶっちゃけた理由は残業が多いとか、休めないとかが多いんですが、そんなこと面接中には死んでも言ったら駄目です(笑)

基本的には前向きに答えるのが基本です。


前職で~の仕事をしている内に、~に興味が出てきたので、~について学びたい(スキルアップしたい)と思い転職を決意しました。

イメージ的にはこんな感じです。これをさらに志望動機につなげるように内容を組み立てます。

志望動機

これもまず絶対に聞かれますが、ここでは上に書いてある退職理由や転職理由とつなげると良いでしょう。


前職で~の仕事をしている内に、~に興味が出てきたので、~について学びたい(スキルアップしたい)と思い転職を決意しました。貴院では~に力を入れているとホームページに書かれておりましたので、~が学べると思い志望致しました。

みたいな感じですね。その病院が力を入れている事などを書くと面接での好感度抜群ですね。

この時注意したいのは履歴書の志望動機と合わせてくださいね。たまにいるんですが、履歴書の志望動機にはこう書いてあるのに、言葉では全く違ったことを言っている人。スジが通っていないんですね。履歴書に書いてある志望動機は覚えておいてくださいね。

質問する

大体面接の最後に面接官から「質問はありますか?」と聞かれると思います。この際は必ず質問をしましょう。マイナスイメージを与えるネガティブなものは逆に印象を悪くします。ポジティブな内容を質問しましょう。

「業務を行うに辺り、入職するまでにこちらの方で何か勉強しておいたほうが良いことはありますか?」ぐらい言えたら100点でしょう。ヤル気がにじみ出ています。恐らく看護師さんの面接でここまで言えたら合格でしょう。

不採用になる理由


このページの先頭へ