不採用になる理由


看護師さんが面接を受け、採用になれば良いのですが、当然ながら不採用になる場合もあります。元人事担当者の目線から不採用になる理由を挙げてみます。逆に言えばこうじゃなければ採用されるというわけですね。

転職回数が多すぎる
看護師の場合、数がそもそも不足しているため、少々転職回数が多くても面接が良ければ転職は成功しますが、それでも限度があります。私が面接した看護師さんで経験10年で転職回数10回以上転職を繰り返している人がいましたが、これはちょっと多すぎるかなと思います。

経験が10年あったとしても、1年に1回職場を変えているわけですからさすがに多いかなと。すぐに辞めそうなのでこういう方は少し考えさせられますね。経験があれば採用にならないこともないですけどね。逆に5,6回とかであれば、結婚・妊娠・出産なんかで仕方ない退職もありますし、全然大丈夫です。

経験が少ない
経験が少ない場合も不採用になる場合があります。ただ、いわゆる病院であれば大丈夫です。教育できますので。キャリアが無くて不採用になるのはクリニックや老健など看護師が少ない職場ですね。

2~3人とかでシフトを回したりしますので、教育がなかなかできません。経験が無いと難しくなります。病棟などであれば、師長や主任がいて教育ができるため問題はありません。

自分の都合ばかり主張する
面接の際に自分の都合ばかり主張する人は不採用となりやすいです。絶対にこの曜日じゃないと駄目だとか、夜勤は絶対嫌だとか、1日2時間ぐらいのパートだとかだとさすがにきついですね。人事担当者も、最大限相手の都合に配慮しているつもりでもやはり限度というものがあります。

仕事ですし、少しぐらいはこちらの要望も聞いてもらえないと、全部ダメでは使い物にならないということです。あまり自分の都合ばかり主張する人は病棟内でもチームワークを乱す可能性もありますしね。

第一印象が悪すぎる
単純に化粧が濃い、服装がやたらと派手などで第一印象が悪いタイプ。話せば普通の人なのかもしれませんが、面接にそういうかっこで来るという事自体が、社会人としての常識に欠けていますね。これは簡単に直せることなので、プライベートは何でもいいですが、面接の時だけはしっかりとした身だしなみで行きましょう。

新婚・近々結婚予定
これは非常に難しいんですが、特に看護師が足りていない病院では問題ありませんが、人手が足りている人気の病院なんかになると、不採用になる場合もあります。理由は働き出してすぐに妊娠して退職または産休に入ってしまう可能性があるからです。

病院によって方針があるようで、私の勤めていた病院では特に問題がありませんでしたが、知り合いに聞いてみると、不採用にする場合もあるという話も聞きました。この辺りは職場によって採用方針が異なってくると思います。悪い理由でもありませんし、むしろ当然のことなのであまり気にせずに面接を受けていいと思います。

このパターンを不採用にする病院は自分には合わないと思えばいいでしょう。妊娠なんていつするかは分からないものです。分からないのにその期間働くなというのも無理な相談ですからね。落ちても気にする必要はないと思います。

ヤル気がない
これはもうしょうがないですね(笑)落ちても文句言えません。少なくとも面接という緊張感のある場で、ヤル気がないと思われるのは相当なものです。あえて言えば、たとえヤル気がなかったとしても「ヤル気があります!」という雰囲気で面接に受け答えして下さい(笑)よっぽど「~は嫌です」「~は無理です」とか言っていなければ大丈夫だと思いますよ。

以上が面接をして看護師が不採用になる理由で多いものです。身だしなみや自己アピール、志望動機等がしっかりと出来るのであれば恐らく問題ないことばかりだと思います。

これが不採用になる理由だとすれば、これに当てはまらないようにすれば採用されるということです。そもそも看護師不足ですし、ハードルはそんなに高くないですよ。

逆にこれに引っかかるとか面接に自信がない場合などは看護師の転職サイトを利用したほうがいいと思います。面接での受け答えも教えてくれますし、何よりもうまく交渉してくれますので、使ってみることをおすすめします。

看護師が転職する際の悩み


このページの先頭へ