非公開求人とは?


看護師の転職サイトでよく出てくる用語に「非公開求人」というのがあります。これって正直どんなものなの?というのを疑問に思ったことはないでしょうか?求人があるなら公開すればいいんじゃないの?という疑問が出てきますね。

なぜ非公開なのか?

あなたはなぜだと思いますか?非公開にするということはそうしなければならない理由があるんですね。ちなみに、非公開求人となる情報は大体優良な条件が揃っている求人がほとんどです。

また、ほとんどの看護師の転職サイトの求人の50%ぐらいは非公開になっていると思われます。(感覚ではそれ以上の気がします。)
本当の理由を探っていきましょう。

1.自分のサイトに登録させて、転職させたいから

いきなりやらしい話ですが、ホントです。ぶっちゃけこれが一番の理由でしょう。(あくまで私の考えです。)転職支援金の謎でも書きましたが、人材紹介会社は自分のサイトに登録してもらい、そこから転職を援助することで、病院から紹介料という名の報酬をもらいます。ここがポイントです。

たとえ同じ条件で同じ病院の求人であっても、他の人材紹介会社から転職させるのではなく、自分の会社から転職させたい。でなければ報酬がもらえない。(会社として利益が出ない。)

ということですね。要するに、転職したい看護師さんを囲いこみたいわけですね。これだけ見るとお金が絡むため、結構やらしい話ですが、転職する看護師さんから見れば、そのおかげで必死に良い転職先を見つけてきてくれたり、転職支援金を出してくれたり、面接の段取りとかまでしてくれるんです。

これ自体はサービスとして非常に良いものだと思いますし、双方にメリットがあるサービスです。使わない手はないでしょう。

2.あまり良い条件の求人を公開すると人がそこに集中し、応募が多すぎる。

これは実にシンプルな理由ですね。優良な求人案件をみんなに見せてしまうと、単純に応募が殺到します。病院によっては、そんなに大勢募集していない!といった場合も多いでしょうし、そんなに大勢紹介されても困るわけですね。

かなり大きな病院で福利厚生等が充実している病院や、新規に病院を立ち上げて、人を確保するために好条件で人を募集している病院等も非公開求人にしているケースが多いですね。

3.病院側もあんまり募集しまくっていると思われたくない。

これも結構あるみたいです。実際私も病院の人事担当者やっていた時に現場の看護師さんからよく聞いたことで、「毎回毎回人を募集してると、人がずっと足りてないみたいで忙しそうなので嫌!」とよく言われました。

近所の人の話とかを色々聞いたりしてて、噂が回るんですね。あなたの病院はどうですか?色々な噂ありませんか?ようするに募集を出してばかりだと、忙しそうだと思われたり、変な噂が広まったりするので、最初から非公開求人にしておけば良いのです。単純な欠員募集で忙しそうだと思われても嫌ですしね(笑)


大体こんな理由が多いです。非公開求人にする理由は他にも色々とありますが、

ということです。どちらにせよ登録は無料で、人材紹介サービスは充実しているので「看護師として転職を考えているのなら、登録しない理由がない」という結論になるんですね。それぐらい便利なサービスであることは間違いありません。

看護師の転職サイト一覧

看護のお仕事
当サイトおすすめNo1!転職支援金最大5万円ももらえる。

メディカルキュービック
首都圏限定ですが、首都圏に関してはトップレベルの非公開求人数。首都圏ならおすすめ。

看護師プロ
こちらも当サイトおすすめ。全国対応。

マイナビ看護師
大手のマイナビグループが運営。

リクルートナースバンク
リクナビでもお馴染みのリクルートグループが運営。

ナースではたらこ
バイトルドットコムやはたらこネットで有名な上場企業のディップが運営。

看護ジャパン
これも大手のパソナキャリアグループが運営。

ベネッセMCM
こどもちゃれんじで有名な大手のベネッセグループが運営。

ほとんどのサイトで非公開求人があります。登録の際のポイントは最低2つぐらいは登録しておいたほうがいい気がします。各企業によって紹介してくれる病院や、病院との交渉能力が異なりますので、比較するのは重要です。医療でもセカンドオピニオンというのがありますよね。それと同じ理由です。

看護師の履歴書の書き方


このページの先頭へ