療養型病院を選ぶのもおすすめ


病院にはおおまかにわけていわゆる急性期病院と療養型病院があります。もちろん他にもリハビリテーション病院等があるのですが、ある程度経験を積み、年齢もそこそこの看護師さんは療養型の病院も狙い目です。

急性期病院の忙しさ

急性期の病院は患者さんの出入りが激しく、毎日のように新しい患者さんが来たり、入退院を繰り返します。そのため、看護師さんは非常に忙しく常にドタバタしていることがほとんどです。私も人事担当者として急性期病院と療養型病院を経験していますが、やはり看護師さんの動きがかなり違います。

また、急性期病院は求められるスキルも非常に高く、常に勉強し、最新の医療技術、看護技術を学ぶために努力していかないとなかなか続けられません。看護師の年齢層も比較的若い人が大半を占めます。独身も多いです。逆にある程度年齢のいった看護師さんは少なくなっています。ある程度の年齢の看護師さんは療養型病院にたくさんいました。

なぜ療養型病院なのか?

若くてこれからどんどん看護技術を学ばなければならない看護師さんは間違いなく急性期病院をおすすめしますが、ある程度のベテランになるとどうしても体力的にしんどくなったり、子供の世話で手一杯になったりするので、そういう場合は療養型病院をおすすめします。

病院にもよるとおもうのですが、療養型の場合は割と残業もなく、定時に帰れることが多いです。また、急性期病院でバリバリやっていたスキルは療養型でも十分に通用し、他の職員からも重宝されるでしょう。

療養型病院では老人介護全般を学ぶことが出来る

慢性期病院は病床で言うと、介護療養型医療施設(介護病床)と医療型療養病床(医療病床)の二つを併設している病院が多いです。介護療養型病床では介護、リハビリなどを学ぶことが出来、医療療養型病床では嚥下や褥瘡について学ぶことが出来るでしょう。今後将来、自分の親を介護するケースもあると思いますので、老人介護全般の知識は非常に役に立ちます。

慢性期病院はレベルが低い?

療養型病院は慢性期病院とも呼ばれます。実際慢性期病院の医療レベルは低いのか?ということですが、看護師さんなら昨今の医療の流れを考えたとき、厚労省も含め、今後は在宅医療に力が入れられるのは間違いないでしょう。

以前は慢性期病院というと、ベッドに寝かせているだけのようなイメージで捉えられがちでしたが、自宅復帰を目指し、リハビリなども積極的に行っており、決してレベルが低いとは言えません。

また、急性期病院の平均在院日数の短縮により、満席病院に送られる患者さんの医療の必要レベルも上がってきています。そういうこともあり、最近では非常にレベルの高い増えてきているのが現状です。

転職先の1つの候補として考えてみましょう!

上記の理由から看護師さんが転職する際の転職先の1つの候補として療養型病院(慢性期病院)も選択肢としていれてみると良いと思います。ある程度余裕のある環境で、新しい知識を得ながら働くのも良いと思います。どんな病院なのかは看護師の転職の専門家の方々にしっかりと聞き取りをしてもらい、自分のライフスタイルにあった転職先を考えるのが大事だと思います。


このページの先頭へ